« フルーツダイエット基本の基本 ④毎日体重&体脂肪率を記録して、脳でフルーツダイエット! | トップページ | 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 »

2005/01/23

フルーツダイエット基本の基本 ⑤適度な運動で、フルーツダイエットをより効果的に!

フルーツダイエットに適度な運動を加味すると、よりダイエット効果が増します。



  様々なダイエットが紹介されているダイエットランキングへ!今の順位は・・・?

巷にあふれるダイエット手法には、大きく分けて食事系と運動系の2種類があり、フルーツダイエットは食事系に分類されます。

食事系のダイエット手法の場合、運動系のダイエット手法を加味することで、より早く、そしてより効果的なダイエット効果を期待できます。

私の場合、ダイエット開始当時は腹筋することもままならないほど太っていました。
お腹の贅肉が邪魔をして、腹筋しようとしても出来なかったのです。
つまり、運動系のダイエットをしようとしても、出来なかったのです。
太る⇒運動できなくなる⇒筋肉量が減り、贅肉が運動を阻止する⇒更に運動が出来なくなる⇒デブ一直線!と言う『デブ・スパイラル』にはまってしまうのです。
『デブ・スパイラル』にはまると、運動系ダイエットはもはや実行不能です。
私も、何度か腹筋などの運動系ダイエットにチャレンジしましたが、徒労に終わりました。

それが、フルーツダイエットにめぐり合い、『デブ・スパイラル』から見事脱却することが出来たのです。
そして、朝食をフルーツと水だけにする⇒フルーツパワーが体内調整を行う⇒不要なものが体内から排出される⇒体重&体脂肪率減少⇒運動しやすい体に変化⇒運動を行う⇒脂肪が筋肉へ変化⇒基礎代謝量の増加⇒食べても太らない体質改造⇒ダイエット効果を実感⇒食事・運動共にダイエットの効果を実感できるものを継続⇒ダイエット成功!という、『ダイエット・スパイラル』に突入できました。

『ダイエット・スパイラル』に突入するために、まず、フルーツダイエットで脂肪を効率よく燃焼させ、贅肉を解消することに努めました。
その際、軽めの運動も加味しました。
具体的には、脂肪を燃えやすくするために呼吸法や柔軟体操を1日の内の5分程度取り入れました。
但し、これも当初は毎日ではなく、3日に1回程度の割合でしたが、フルーツダイエットを続けるうちに、軽めの運動であってもダイエット効果が実証されましたので、それからは毎日欠かさず、呼吸法と柔軟体操を続けています。

フルーツダイエットという食事系ダイエットと、軽めの運動により、効果的に贅肉がある程度解消されることで、本格的な運動系のダイエットも可能となります。
『デブ・スパイラル』に陥っている方は、是非フルーツダイエットに軽めの運動を加味して、効果的に贅肉を解消する努力をしてみましょう!
フルーツダイエットで、まずは朝食をフルーツだけにしてみましょう。
『デブ・スパイラル』から『ダイエット・スパイラル』へ、皆さん御一緒にフルーツダイエットを楽しみましょう!

|

« フルーツダイエット基本の基本 ④毎日体重&体脂肪率を記録して、脳でフルーツダイエット! | トップページ | 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 »

コメント

えみこさん、ようこそ『むらさん流フルーツダイエット』へ!

えみこさんのおっしゃるとおり、もっとフルーツダイエットをみんなに言いたいですね。

是非、これを機会にお互い切磋琢磨してフルーツダイエットを、メジャーダイエット法として定着させていきましょう!

今後とも意見交換等、末永いお付き合いをお願いします!

投稿: むらさん | 2005/01/25 22:35

私のプログにコメント下さり、ありがとうございます。

すっごく詳しいHPですね。
私もおかげで体重を維持しておりますが
改めて参考にさせていただきます。

それにしても、こんなに簡単で効果もあるのに
なかなか広まらなくて残念です。

もっとみんなに言いた~い!

でも、ウチはこれにしてから毎日大量に
ゴミがでるようになってしまいました。
(生ゴミがたいへん)

あと日本はフルーツが高いのが難点ですね。

もっともダイエットサプリより
ず~と安いと思いますが(笑。

投稿: えみこ | 2005/01/25 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/2668243

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツダイエット基本の基本 ⑤適度な運動で、フルーツダイエットをより効果的に!:

« フルーツダイエット基本の基本 ④毎日体重&体脂肪率を記録して、脳でフルーツダイエット! | トップページ | 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 »