« 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 | トップページ | 幸村さんが▲5kgに成功! »

2005/01/25

温州みかん

mikan冷え・肌荒れからストレスまで防ぐ

温州みかんには、ミネラルやビタミン、食物繊維などが豊富に含まれています。



  様々なダイエットが紹介されているダイエットランキングへ!今の順位は・・・?


中でも、カロテンは1000μgも含まれており、他のフルーツよりも多量に含まれています。
このカロテンは、体内でビタミンAとして働き、新陳代謝を促進し、粘膜を丈夫にしたり、皮膚をすこやかに美しくするのに役立ちます。
また、カロテンの抗酸化作用により動脈硬化やがんの予防に役立つとされています。
ちなみに、温州ミカン1個に含まれるカロテン1000μgは、ビタミンAに換算すると170μg。
1日に必要なビタミンAは500~600μgですので、毎食1個温州みかんを食べれば必要量をクリア!

このほかにも、温州みかんはビタミンCが豊富で、毎食1個食べると大人の1日の所要量を摂取できるほどです。
特にビタミンCは、ストレスを打ち消す副腎皮質ホルモンの分泌を促し、ストレスによる過食を防止するなど、フルーツダイエットに最適です。

リンゴ酸やクエン酸も豊富なので、新陳代謝を活発にして、冷えや肥満の解消に役立ち、女性にもいいのです。

また、今話題のカロテノイドの一種、β-クリプトキサンチンも含まれています。
このβ-クリプトキサンチンには発ガン抑制効果が期待でき、他のかんきつ類に比べ温州みかんにはこの成分が非常に多く含まれています。

さらに、実だけだけではなく、袋や白い筋も見逃せません。袋や白い筋には、毛細血管を強化し、血圧の上昇を抑制するという、ヘスペリジンが含まれているのです。
是非、筋を取らず袋ごと食べてみてください。

そして、外皮も見逃せません。
柑橘類共通の精油成分であるリモネンという香り成分が多く含まれているのです。
このリモネンの効果は強力で、脂質分解酵素リパーゼの分泌を促して、脂肪を燃焼させます。
最近TVショッピングなどでは、みかんやオレンジの皮から抽出したこのリモネンを主成分とする、脂汚れに強く、しかも天然成分が売りの万能洗剤が馬鹿売れしているほどです。
さらにリモネンには、ビタミン類の働きを強化して細胞を活性化する作用があり、肌荒れやカゼ予防に役立つそうです。
あれだけの脂を落とすのですから、これを取らない手はありません。
私は、焼みかんにして外皮ごと温州みかんを食べることもあります。
結構いけますよ!

さて、このように様々な機能のある温州みかんの選び方ですが、中位の大きさで皮のツヤが良く、硬めですっぱめのものがおいしくて、栄養価も高いとされています。もし、甘いのが好みなら、少し柔らかめを選ぶのがコツです。

健康になりたいダイエッターの方ならば、温州みかんを毎食1個食べることを、「フルーツダイエット」はお勧めします。

|

« 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 | トップページ | 幸村さんが▲5kgに成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/2678543

この記事へのトラックバック一覧です: 温州みかん:

« 意外にも、アメリカ人より多い日本人の生活習慣病 | トップページ | 幸村さんが▲5kgに成功! »