« アロマでダイエット!? | トップページ | 血糖値とセット・ポイント »

2005/03/05

セット・ポイントを味方につける

皆さん、フルーツダイエット楽しんでいますか?


  最近めっきりランクダウン(泣)
  皆さんの応援が身にしみます!清き1クリックが明日への糧です!
  是非、ランキングアップに御協力を!今の順位は・・・?

最近、子供の肥満&生活習慣病が問題になっているようですね。
確かに街中を歩いてみても、私たちの子供のころに比べて、太った小学生を多く見かけるようになったような気がします。
どうして、こうした事態になっているのでしょうか?

原因は様々ですが、子供の肥満や生活習慣病が増えた原因の一つに、ライフスタイルの変化が考えられます。
具体的には以下の3つに大別されます。

①食の欧米化(ファーストフードの多食化)
②ストレスの増大(過食)
③運動量の不足(外遊びから内遊び・ゲーム)

こうしたライフスタイルの変化が、子供も含めた幅広い層で、肥満や生活習慣病の原因になっていることを、以前このブログでも取り上げましたが、もう一度確認しておきたいと思ったのと、新しい概念が出ていたので再度取り上げることにしました。

ここで紹介したい新しい概念とは『セット・ポイント』と言う概念です。
セット・ポイントとは、人間の本能と密接な関係があり、またダイエットにも関係のある概念です。

人間は、寒いところでは寒さに対応し、暑いところでは暑さに対応できる、大変すばらしい生き物です。
ヘビをはじめとする爬虫類は環境適応能力が乏しい生き物の代表です。
また、人間と同じ哺乳類であっても、熊のように、寒さに対応するために冬眠するものまであります。
その点、人間は衣類や機械によって寒さ暑さを調整できることもありますが、何よりも自分自身で体温を調整して、寒さ暑さに対応できるのが、他の動物に比べて優れている点でもあります。

実はこうした体温調整だけではなく、人間は生きていくために自分自身で様々なことを無意識のうちに上手に調整しています。
体重もその一つです。

やせている人は、やせていることを自分自身の体が『よし』としているのです。
太っている人は、太っていることを自分自身の体が『よし』としているのです。

これを『セット・ポイント』と呼びます。

例えば、昼食を食べる場面で同じ定食をいつも食べているのにあの人はやせていて、自分は太っているのは何でだろう、そう思ったことはありませんか?
考えても見てください。
同じ食事をしているのに、つまり同じカロリーを摂取しているのに、あの人がやせて、自分が太っているのは、何でなんでしょう?
これが『セット・ポイント』のなせるワザ、なんです。

同じ食事をしても、太る人やせる人がいるのは、『体の調整機能』に差があると考えられます。
太っている人は太っている状態を維持しようとし、やせている人はやせている状態維持しようとしているのです。
これがまさしく『セット・ポイント』なのです。

『セット・ポイント』とは、人間がある状態にあるとき、その状態から状況が変化した場合、従前の状態に戻そうとする人間の本能=生まれながらの調整機能のことを言います。
ですから、太っている人とやせている人が同じ食事をしても、片や更に太り、片ややせた状態をキープすることになるのです。

『フルーツダイエット』はこうした『セット・ポイント』を理想的な状態にする機能を期待できるダイエット手法なのです。
言い換えれば、人間にとって最善の状態にするリセット機能を持った、まさに『フルーツ・セット・ポイント・ダイエット』なのです。

フルーツの持つ様々な機能や栄養素、中でもフルーツ酵素がその人にあったベスト体重になるように調整してくれると考えられます。

フルーツを朝食にとって、お腹が空いたらフルーツを食べてから普通に食事を摂る、そうしたフルーツダイエットの基本を守るだけで、フルーツが持つ様々な機能や栄養素が、自分のベスト体重=理想体重にセット・ポイントを設定してくれる、それがむらさん流『フルーツダイエット』の極意です。

|

« アロマでダイエット!? | トップページ | 血糖値とセット・ポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/3182247

この記事へのトラックバック一覧です: セット・ポイントを味方につける:

« アロマでダイエット!? | トップページ | 血糖値とセット・ポイント »