« セット・ポイントを味方につける | トップページ | 肥満の原理を、ちょっとづつ御紹介! »

2005/03/06

血糖値とセット・ポイント

setpoint

前回に引き続き、セット・ポイントについてです。


  ちょっとだけランクアップ!まだまだがんばりますよ!
  皆さんの応援が身にしみます!清き1クリックが明日への糧です!
  是非、ランキングアップに御協力を!今の順位は・・・?

実は、血糖値とセット・ポイントは密接に絡み合い、肥満に大きく関係しているんですよ。

セット・ポイントとは、簡単に言えば『満腹ポイント』と言い換えることも出来ます。
つまり、食事を摂って、どの時点で満腹感を感じるかのポイントです。

私たちは食事をします。
これは必要なエネルギーを体内に取り込む必要があるからですね。
そして、食事をすると血糖値が上昇していきます。
これは、糖尿病患者だけではなく、誰しもそうなのです。
ただ、糖尿病患者の場合は、血糖値が以上に上昇するから『病気』なのですね。

実は、この血糖値が曲者(くせもの)。

血糖値がある点=ポイントに達すると、私たちは『満腹感』を感じるのです。
ところが、この『満腹ポイント』、人それぞれなんです。
やせている人は満腹ポイントは低く、太っている人ほどポイントが高い場合が多いのです。

これを『セット・ポイント上昇説』といいます。

セット・ポイントの低い人は、すぐに満腹感を感じます。
セット・ポイントの高い人は、食べても食べても満足しない。

肥満の人は、セット・ポイントが高い位置にあり、したがって食べても食べても満腹感を感じないのです。
これがいわゆる食べ過ぎに繋がるのです。
食べすぎは、余分なエネルギーを摂取し、代謝されないエネルギーを脂肪として体内に貯め込み、肥満に繋がると考えられています。

したがって、太らないため=健康であるためには、セット・ポイント=満腹ポイントを下げる努力をしなければいけません。

私がここで提唱している『フルーツダイエット』は、フルーツの持つ力により、体内環境をリセットし、セット・ポイントを下げる働きがあると考えられています。
このことは、私を含めた他のフルーツダイエッターの『生の』意見・体験によっても明らかです!
だからこそ、欧米をはじめ、最近では日本でもフルーツを使った糖尿病治療が始まっていると考えられます。
是非、フルーツの力、フルーツダイエットの威力をたくさんの人に実感して欲しいと思います。

|

« セット・ポイントを味方につける | トップページ | 肥満の原理を、ちょっとづつ御紹介! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/3193529

この記事へのトラックバック一覧です: 血糖値とセット・ポイント:

« セット・ポイントを味方につける | トップページ | 肥満の原理を、ちょっとづつ御紹介! »