« 体脂肪計の仕組みって、どうなっているの? | トップページ | 市販のジュースと生絞りの違い »

2005/04/11

夜食こそ、フルーツ!

Sammyさんからの質問

>朝食はフルーツにしているのですが、最近0時ごろまでおきていると、おなかがすいて、ついつい夜食をたべてしまいます。こういうときこそフルーツを食べることが大事なのでしょうか?

まさにその通り!

僕も以前は、どうしても夜中にお腹が空いた場合は、フルーツを食べていました。

量は、ミカン一つか二つくらい。

今の時期なら、はっさくとかデコポンとか大き目のかんきつ類1個くらいはOK。

また、フルーツには果糖が含まれています。果糖が空腹感を抑えてくれることも期待できます。

但し、最近は夜中にお腹が空きすぎることもなくなりましたので、私自身は夜中にフルーツを摂ることはほとんどありません。

あと、思い出したら水を飲むようにしています。

自宅には『料理の鉄人』で使用していた浄水器が着いているので、蛇口をひねるとすぐにミネラルウォーターが出てきます。

気がつくと水を飲むようにしています。

夕食時に、大き目の湯飲みで大体3杯くらい、その後夕刊・TVを見ながら同じく3杯くらい、風呂に入る前に1杯、出てから1杯、寝る前に1~2杯くらい、水を飲んでいます。

水はカロリーもなく、解毒するためにも必要なので、飲めるだけ飲んでいいみたいです。

  皆さん、応援ありがとう!  この記事が『オモシロイ!』と思われた方はクリック!

|

« 体脂肪計の仕組みって、どうなっているの? | トップページ | 市販のジュースと生絞りの違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/3622625

この記事へのトラックバック一覧です: 夜食こそ、フルーツ!:

« 体脂肪計の仕組みって、どうなっているの? | トップページ | 市販のジュースと生絞りの違い »