« 運動して痩せるのは難しいらしいぞ! | トップページ | 気持ちの良い一日でしたね! »

2005/05/08

国の方針、食べなきゃいけないの方針変更!

みなさん、元気ですか~!

今日は寒かったですね。

息子のサッカー大会で試合観戦でしたが、寒くて、寒くて。。。

気候のせいでもないでしょうが、無敗にもかかわらず、残念ながら得失点差で決勝トーナメント進出ならず、残念!

実はこれには原因があって、息子のチームのエースストライカーが昼食を食べ過ぎたため、午後の試合で動きが鈍くなり、予選最終戦を前半1点リードしておきながら、後半で追いつかれ、最後は引き分け。

もし、食べ過ぎていなければ、と思うと悔やまれた試合でした。

ということで、今日は食べ過ぎについて関連のあるお話。

実はこの4月、国の方針が変わりました。

それは、健康保持などのために必要となる、標準的なエネルギーや栄養素の基準です。

「栄養所要量」から「食事摂取基準」に変わったのです。

といわれても、何のことやらですよね。

『栄養所要量』とは、戦後の栄養欠乏対策として策定されたもので、『日本人が健康を維持するために、何をどのくらい食べればよいか』という基準です。

ところが、最近は『何を食べればよいか』というよりも、むしろ『食べすぎ』が問題となっています。

そこで、『食事摂取基準』、つまり『日本人が食べるべき栄養素の量』を科学的根拠に基づいて提示することに改められました。

特に、生活習慣病や過剰摂取による弊害が、バランスを欠いた食生活によりクローズアップされている昨今、こうした基準が出来たのは、一つの参考として活用していきたいものですね。

具体的にはこんな感じです。

(30~49歳のカリウムの食事摂取量)

男性:目安量2000ミリグラム、目標量2900ミリグラム

女性:目安量2000ミリグラム、目標量2800ミリグラム

この意味は、正常な体内量を維持する目安として一日2000ミリグラム程度、生活習慣病(この場合は高血圧)を予防する場合は、30~49歳の男性で2900ミリグラム、女性で2800ミリグラムを摂取することを推奨しているとのこと。

したがって、この基準を目安にして、たとえばカリウムならフルーツを食べることで、高血圧を予防することが出来ることが分かるし、それは科学的根拠に基づいているということなので、積極的にこの基準に近い摂取を心がけることが、健康に近づけるということになるそうです。

  皆さん、応援ありがとう!この記事が『オモシロイ!』と感じたらクリック!

|

« 運動して痩せるのは難しいらしいぞ! | トップページ | 気持ちの良い一日でしたね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/4040664

この記事へのトラックバック一覧です: 国の方針、食べなきゃいけないの方針変更!:

« 運動して痩せるのは難しいらしいぞ! | トップページ | 気持ちの良い一日でしたね! »