« 薄着の季節 | トップページ | 豆乳とフルーツダイエットの関係4 »

2005/06/14

豆乳とフルーツダイエットの関係3

みなさん、元気ですか~!

今日も、引き続き豆乳とフルーツダイエットの関係について解明していきます!

是非、お読み下さい!

さて、前回は豆乳が機能性食材としての一面を持っていることを紹介しました。

そこで、もう少し豆乳の持つ『機能』についてみていきたいと思います。

豆乳には、様々な『機能』があります。

その効用について、次々と科学的に解明されつつあり、多くの報告がありますので、今回はその『さわり』を御紹介しましょう!

主な豆乳の機能は次のようなものです。

ダイエットに効果!

これは、うれしい限りです。

特に大豆に含まれる、『レシチン』と呼ばれる不飽和脂肪酸が、その強い乳化作用によって、血管に付着したコレステロールを溶かし血流の流れを良くする、あるいは固まるのを防ぎ付着しないようにする働き、『ダイエット機能』(=脂肪代謝機能)があるのです。

このダイエット機能により、 肝臓中の脂肪分を減らす働きをしますので、お酒を飲む人に多い脂肪肝、つまり『デブの素』の予防に効果大!

さらに、動脈硬化を防ぎ脳出血等の予防にも効果大!

至れり尽くせりです。

このように、ダイエット機能のある大豆由来の豆乳ですが、このほかにもまだまだ色々な機能があります!

②最近話題の女性ホルモンに似た『イソフラボン』が、骨粗鬆症、乳がん、動脈硬化等に効果大!

③『サポニン』が、体を錆びさせるという活性酸素の抑制等に一役買い、女性なら気になるアンチエイジング=老化防止、成人病予防に効果大!

ちなみに、サポニンには、発癌抑制効果、エイズの発症抑制効果なども報告されており、今後の研究が期待されている、優れものです。

④『オリゴ糖』が、腸内の善玉菌・ピフィズス菌を増やし、腸内デトックス=浄化

『ビタミンE』、『B1』、『B2』、『ナイアシン』等により、美肌効果!

⑥良質な、『大豆タンパク質』と『リノール酸』の作用により、血圧やコレステロールも下げてくれる!特に動脈硬化・心筋梗塞・狭心症予防に効果大!

『レシチン』や『コリン』が、記憶力を高め、ボケ予防に効果を発揮!頭が良くなりたい人にもおすすめ!

⑧タンパク質の分解酵素トリプシンの働きを阻害する『トリプシンインヒピタ』が、糖尿病の治療や予防に期待大!

⑨『カルシウム』が、骨や歯を丈夫にし、ストレス解消

絞りかすにも効果あり!おからに含まれる『食物繊維』は、便通を良くし有害物質を掃きだす腸内デトックス効果のほか、 コレステロールや肥満の予防にも効果大!

このように、たくさんのすばらしい機能を持った豆乳。

是非、毎日の食生活・健康づくりに、積極的に取り入れたいものです!

  皆さん、応援ありがとう!この記事が『オモシロイ!』と感じたらクリック!

|

« 薄着の季節 | トップページ | 豆乳とフルーツダイエットの関係4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/4519797

この記事へのトラックバック一覧です: 豆乳とフルーツダイエットの関係3:

« 薄着の季節 | トップページ | 豆乳とフルーツダイエットの関係4 »