« リンゴの季節にダイエット!? | トップページ | 焼きフルーツ② »

2005/10/09

焼フルーツ①

今日も庭でかえるが鳴いています。

ということは、雨。。。

そんなうっとうしい気分を晴らすために、フルーツを焼いてみましょう!

今日は、焼フルーツのお話。

リンゴでも、ミカンでも、柿でも、とにかく何でも皮ごと焼いてしまうのです。

皮ごと焼くことで、皮に含まれる栄養分まで食べつくす!と言うのが、焼フルーツの最大の特徴であり、効果。

フルーツは皮ごと焼くことで、次のような効果が生まれます。

①甘みが増大!

すっぱいミカンなど、甘みの少ないフルーツでも、甘みを感じることができるようになり、おいしさUP!

ダイエッターの方々は、甘みが大好き!

フルーツを焼き、甘みを出し、これを食べることで、砂糖などの甘みを取れないストレスを解消するのにもいいと思いますよ。

②栄養価が増大!

皮には様々な成分が含まれています。焼くことによって、皮に含まれる栄養分が実に浸透します。例えば、ぶどうにはあの紫色の色素に抗酸化作用のあるポリフェノールが大量に含まれています。だから、皮ごと作る赤ワインの方が、皮をはいだ実だけを使う白ワインよりも、ポリフェノールが含まれ健康にいいとされているのと、同じ理屈です。

でも、焼くことでビタミンCなどが失われてしまうのでは???

御安心下さい。皮に保護されるため、焼いてもビタミンCなどの損失は少ないのです。

その上焼くことでさらに効果も。

③食物繊維がとりやすくなる!

食物繊維は、加熱することで小さい分子となるので、吸収率が高まるのです。

ね、こんなにすばらしい効果があるなら、フルーツを焼いてみたいと思いませんか?

(続く)

  様々なダイエット方法も検索できるブログランキング banner  に参加しております!よろしかったら、こちらをポチッとお願いします!

|

« リンゴの季節にダイエット!? | トップページ | 焼きフルーツ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72343/6317531

この記事へのトラックバック一覧です: 焼フルーツ①:

« リンゴの季節にダイエット!? | トップページ | 焼きフルーツ② »